ワイヤレス充電できるiPhone用バッテリーケース「mophie juice pack wireless for iPhone 6s/6(ワイヤレス充電台つき)」

mophie juice pack wireless for iPhone 6s/6(ワイヤレス充電台つき)

毎日、iPhoneにLightningコネクタを差し込んで充電するのがめんどくさいと感じている人は多いはず。そこで活用したいのが、ワイヤレス充電を可能にしてくれる「mophie juice pack wireless for iPhone 6s/6(ワイヤレス充電台つき)」です。わずらわしいケーブルから解放される上に、iPhoneの利用時間も延長できるので、一石二鳥のガジェットです。

Qi(チー)採用でバッテリーも内蔵したケース

国際標準規格の「Qi(チー)」を採用

最大の特徴は、バッテリーケースでありながらも国際標準規格の「Qi(チー)」を採用したことです。これにより、iPhoneでワイヤレス充電を可能にし、ワイヤレス充電台に“おくだけ”で充電できます。

スマホの充電はほぼ毎日行う必要があるので、この手間の少なさはとても助かりますね。持ち出す際も、充電台からサッと取り上げるだけだし、バッテリーケース装着なのでiPhoneの利用時間も延長できます。

外でガッツリiPhoneを使い、自宅で手間なく充電できる生活習慣を送りたい人は、これで決まり!

さらにうれしいのは、Qiとバッテリーを内蔵しながらも、「薄型&軽量」を実現しているところです。バッテリーって装着すると分厚くなるわ重くなるわで、意外と敬遠している人は少なくないはず。そんな人でも、このケースならコンパクトなサイズに仕上がっているので、扱いやすいと思います。

何より、日々のケーブル抜き差しから解放されるのは、とても魅力的ですからね。

疲れて自宅に帰ってきても、iPhoneをそのまま充電台にスッとおくだけなので、忙しいビジネスマンや主婦にはピッタリではないでしょうか?

バッテリー延長時間の目安は、インターネットであれば最大5時間延長できます。外でのiPhoneヘビーユーザーには、やはりバッテリーケースが便利ですからね。

モバイルバッテリーだとケーブルも用意する必要があるし、カバンやポケットの中もかさばるので、機動力を重視したiPhone用のバッテリーがほしい人には最適な一品になるはずです。

もちろん、MFi(Made for iPhone)認定なので、安心して使えますよ。

主な仕様は、サイズが約70.2 × 150 × 14.8mm(W × H × D)、重量が約81g、充電台重量が約204g、バッテリー容量が1,560mAh。

ワイヤレス充電ができるiPhone 6s/6用のバッテリーケースを使って、ケーブル抜き差しのストレスから解放されてみてはいかがでしょうか?

ちなみにiPhone 6s Plus/6 Plus用も販売されています↓

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ