インテリア性もスペックも超優秀!部屋も内部もいつでもキレイ「GLAPS 空気清浄機 A1」

GLAPS 空気清浄機 A1

一家に一台は当たり前、といっても過言ではない空気清浄機。ニオイ対策や花粉症など購入目的はさまざまですが、ハウスダストなどのアレル物質やPM2.5など、空気の悩みは季節を問わずついてまわるものです。

空気清浄機に期待される効果は年々高まり、家電メーカー各社からそれぞれ趣向を凝らした製品が発表されています。今回ご紹介するのは「GLAPS(グラップス)」というメーカーが手掛けた空気清浄機「A1」。初めてこのブランドを耳にする人も多いかと思いますが、新進気鋭のメイドインジャパン。開発から製造に至るまですべての行程を国内で行なっているという点も、かなり気になるポイントです。

細菌やウイルス対策に特に力を入れ、最新のテクノロジーを凝縮させた空気清浄機「A1」。その魅力にグッと迫ってみたいと思います。

2つのフィルターで叶える洗浄力

空気清浄機「A1」には二重のフィルターが搭載されており、これこそがA1のコアといってもいいほど重要な部分です。

まず、本体の背面から吸い込む空気が通されるプレフィルター。このフィルターには、ダイワボウと信州大学が共同開発した「アレルキャッチャー」が使われており、消臭・抗菌・防臭繊維が織り込まれています。

ハウスダストやウイルス、悪臭、ホルムアルデヒトまでもガッチリ捕らえ、そのまま分解してしまいます。

メインフィルターには、半永久的に電気分極をキープする特殊繊維で加工した「光触媒HEPAフィルター」を採用。静電気により細菌やウイルスを引き寄せ、光触媒の酸化力で分解・除去します。

そして、従来の空気清浄機の弱点を克服しているのもスゴイところ。一般的な空気清浄機は、ファンを回すことで汚れた空気を集めるファン式が主流になっていますが、高性能になるほどモーター音は耳障りになり、フィルターの寿命も低下しやすいというデメリットがあります。

A1は静電気の力で細菌やウイルスを集めるので、運転音を抑え、フィルターの寿命も長く保ちます。しかも光触媒によってセルフクリーニング!

高い技術力によって、優れた空気清浄サイクルを生み出しているのです。

空気清浄機に見えない見た目が◎ コンパクトだからどこでもクリーン

六角柱が目を惹くデザイン

高級アルミ素材を使用しているボディは、なかなか他では見られない六角柱が目を惹くデザイン。本体カラーはシルバー、ブラックのほかに、オンラインストア限定のシャンパンゴールド、ローズピンクも展開しています。

カタチも色味もシンプルに品よくまとめられているので、洋室だけでなく和室にも自然と馴染んでくれそうです。

サイズは高さ37cm×幅24.3cm×直径21.5cm、重さ約4.6kg。A4用紙2/3程度と、一般的な空気清浄機と比べてコンパクト設計になっているので、トイレや洗面所など狭い場所でも設置可能。

本体背面のリアハッチからフィルターを出して掃除機で吸い取るだけ、というカンタン手入れも使いやすいです。運転モードは弱・中・強の3つ、適用床面積は11畳まで。
気になる電気代ですが、中モードで8時間使用しても、ひと月約72円ととっても省エネ。オフタイマーも8時間まで対応しているので、出かける前や就寝中などにも便利です。

基盤にあるのは「モノづくり愛」

10年先も使い続けたい製品

最近の家電は10年を待たずに寿命がきてしまうものが多い中、「10年先も使い続けたい製品」を目指すあたりに、製品への愛情とプライドが見てとれます。

家電も家具と同じようにインテリアの一部と考えているからこそ、価格優先の使い捨てではなく愛着や想い入れを持って長く使えるものを提供したい、というGLAPSのコンセプトには大変共感できます。

歴史も実績もまだ若いブランドですが、大手メーカーとは違うアプローチの仕方におもしろみを、安全面やアフターサポートがしっかりしているあたりに堅実さを感じます。

一見何かわからないけどオシャレ、というA1のビジュアルも非常に興味そそられます。HDDやプリンターなど、スタイリッシュなデバイスのようにも見えますが、縁起のよさそうな六角形というのもなかなかいいですね。

独自に開発したフィルターとシステムで、内部も清潔に保ってくれるA1は本当に優秀です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ