エアコンも”デザインの時代”へ。「三菱 霧ヶ峰Style MSZ-FL3616(R)」

三菱 霧ヶ峰Style MSZ-FL3616(R)

エアコンは白物家電の代表格です。三菱のエアコンに「霧ヶ峰」の名がついたのは1967(昭和42)年のこと。それ以来、多くの人々に愛されているロングセラーモデルです。2016年モデルでは、「霧ヶ峰Style」FLシリーズが新たに立ち上げられました。12畳タイプになるMSZ-FL3616(R)は、鮮烈なボルドーレッドが目を引きます。直線的なシャープなデザインも、これまでの”家電”としてのエアコンにはあまりなかったものですね。”デザイン性”を強烈に打ち出した製品といえます。

上質なデザインと最上位機種ゆずりの高機能

やはり注目すべきはデザインでしょう。正面からは吹き出し口が見当たりません。一瞬「どこから風がくるんだろう」と考えてしまいますが、電源が入れば格納式のフラップが開く仕組みです。最上位モデルに採用されている独立4枚の「匠フラップ」が、室内環境を快適に整えます。

そして、人の体の温度変化を0.1°C単位で測定する赤外線サーモセンサー「ムーブアイ極(きわみ)」も搭載しています。これによって、室内の壁や床・天井の温度変化や、人の位置、さらには温度差を感じやすい手先や足先の温度変化のデータも細かくチェックした上で、三菱が目指す長野県”霧ケ峰”高原の心地よい風を再現してくれるのです。

また、ムーブアイ極も、匠フラップ同様に運転停止時には格納される仕組みになっています。このことからも、”デザインの統一感”を非常に重視していることがうかがえますね!

夏も冬も快適。ハイブリッド運転で大幅省エネ

もちろん性能は折り紙つきです! エアコンの能力面で特に必要とされる「冷暖房の性能」と「省エネ」も、最新の技術で様々な工夫がなされています。

夏は、体感温度に合わせて「冷房」と「爽風」の自動切り替えで運転します。爽風は、風だけの運転となり、気温や湿度が比較的低い朝方などはこちらのモードになります。そのときの消費電力はなんと15W! エアコンの圧縮機(コンプレッサー)も止まるので、大幅な省エネが実現できるわけです。

冬場は、天井付近にたまりがちな暖かい空気を「サーキュレーターモード」で循環させて、こちらも省エネに貢献します。もちろん、ムーブアイ極が体感温度の低下を感知すれば、自動的に暖房運転にシフトします。

エアコンといえば、これまで”もっさり”したデザインが多かった中で、「インテリア家電」として洗練されたデザインを採用してきたことには、三菱の意気込みが伝わってきますね。

快適性と省エネ性能を両立させ、さらにデザインもよし、となれば、選ばない理由はありません。

「なんとなく部屋の中にあるエアコン」から一歩進めて、室内のインテリアに調和する、あるいはライフスタイルに合わせたものを「意識的に選択する」ことを、霧ヶ峰Styleでは提案してきていると思います。

エアコンも”デザインの時代”に突入したといえるでしょう。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ