体重や心臓の健康状態も!脈波伝播速度測定機能を搭載したWithingsの体組成計「Body Cardio」

Withings 体組成計 Body Cardio

Withingsのスタイリッシュな体組成計「Body Cardio」がすばらしいですね。これから体重計を買うならかなり有力な候補になりそうです。高精度な体重、BMI、体脂肪、体水分率、筋肉量、骨量の測定ができるほか、なんと“脈波伝播速度測定機能を搭載”したことで心臓の健康状態まで把握できちゃいます。世界最先端の体組成計がほしい人は必見ですよ!

Health Mateアプリと同期して日々の健康をチェック

日々の健康をチェック

まずBody Cardioの目玉といえる「脈波伝播速度測定機能」は、高血圧を表す指標でもある脈波伝播速度を手軽に測定できる機能です。Body Cardioに乗るだけで測定できるので、誰でもカンタンに自分の脈波伝播速度を知ることができます。

↓ 脈波伝播速度とは何ぞや?という人へ。

脈波伝播速度とは?

脈波伝播速度は、心臓からの拍動が手足に届くまでの伝播速度を測定した指標になります。その拍動が心拍によって発生し、血圧によって血管の血液量の変化を促します。脈波伝播速度が、大脈動の弾力性と関係していることから、血管の硬さを測定するのに最も参考になる指標となります。

引用:脈波伝播速度より

つまり、血管の硬さを知るのにとても参考になる指標ということです。速度の値が高いと高血圧や血管が硬化していることに、逆に低いと通常の血圧やしなやかな血管であるということを表しています。

もちろん、脈波伝播速度は下げることも可能です。自分の脈波伝播速度を日々管理して、高血圧や高心拍を予防できるのはかなり魅力的な要素ですね。

また、脈波伝播速度のデータをHealth Mateアプリと同期することで、基準値に収まっているか判断してくれるほか、改善するためのアドバイスも教えてくれます。

体重計に乗るたびにデータがHealth Mateアプリと同期(Wi-FiやBluetoothで)される手軽さがいいですね。

もちろん、体組成計なので、体重、体脂肪、筋肉量、骨量などといった数値も管理できます。これ一台あれば、日々の健康意識もグッと高まるのではないでしょうか?

ちなみに、体重は特許取得済の「Position Control技術」により、100g単位という高精度で測定可能です。個人的にも、やはり一番気にする値は体重だと思うので、ここの精度の高さはかなり重要だと思っています。

体組成の数値以外では、現在地の天気予報や前日の歩数(WithingsのアクティビティトラッカーやHealth Mateのトラッキング機能と兼用することで使用可能)もチェックできます。

最大8人まで管理できるので、一人暮らしから家族みんなで使うシーンにも活躍してくれるはず。

何より、アルミニウム製ベースによるスタイリッシュで美しいデザインがとてもオシャレですね。厚みもわずか18mmという薄さを実現しています。

スリムで洗練されたデザインに、高精度な測定もできるWithingsのスマート体重計「Body Cardio」。健康志向が高い人に、強くオススメしたい逸品です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ