ミニマムなデザインでハイエンド!EPSON(エプソン)の進化系プリンター決定版「カラリオ EP-879」

カラリオ EP-879

突然ですが、プリンターを買うときに何を基準に選んでいますか? 大きさ、印刷の精度、はたまたランニングコストでしょうか。プリンターの寿命は約5年といわれていますが、その都度どこのメーカーがいいのか頭を悩ませる人も多いのでは。

そこで家庭用プリンターの草分け的存在でもあるEPSON(エプソン)より朗報です! 長く使えて画質も最高、見た目もオシャレな「カラリオ EP-879」が登場しました。内部構造を基礎から見直すことで華麗なる変身を遂げたEP-879。使いやすさとビジュアルを進化させ、よりハイスペックなA4複合機へと昇華しました。

そんな歴代カラリオ史上最小のEP-879の魅力と秘密に、グッと切り込んでみたいと思います。

360度ぬかりナシの才色兼備なプリンター

家電の購入においてインテリアとの相性は重要なポイント。機能面が優秀であることはもちろんですが、置きやすさとスタイルのよさはかなりのウェイトを占めるもの。

EP-879はコンパクト設計に加えて、ミニマムなデザイン性の高さも秀逸です。サイズは幅34×奥行34.9×高さ14.2cmと、ほぼ正方形のキューブ型。「クマノミ」シリーズの6色インクを採用し、容量を減らすことなくカートリッジを小型化させています。

さらにインクの配置方向や給紙システムを変えることで、従来モデルよりも幅を4cmほど縮小させました。OA機器にありがちな接合部を極力排除し、上から横からどこから見てもスマートな容姿は、リビングなどの目立つ場所にも置けるよう配慮されています。

天面に凹凸あるテクスチャーを採用し、マットな質感が高級感を演出。傷がつきにくく埃が目立たないのもいいですね。

操作はスマホのようにタッチパネル式にアイコン化されているので、初めてでも使いやすいです。ヘルプメニューも充実し、機械オンチな人でも安心できそうですね。

新採用インクが要。アプリでもっと多彩な使い道

「写真の印刷といえばEPSON」といわれるほど、写真愛好家からも定評のあるEPSONのプリンター。

今回もその期待を裏切りません! カラリオの高画質技術を語るうえで、避けては通れないのがEPSON独自の6色インク。基本の4色にライトシアンとライトマゼンタを加えることで、より美しく、よりリアルに印刷できるようになりました。

またグリーンの色域を広げることにより、自然の緑に奥行きをもたせて立体的に再現します。再生紙をコピーしても紙地の色を消して、網掛けのような薄い線も美しく明白に。細い線や小さな文字でも、かすれや潰れなく印刷できる敏腕プリンターなのです。

そして地味にうれしい機能が、プリンターの無線化。PC周辺をスッキリさせるだけでなく、スマホやタブレットからもワイヤレス接続でき、家のどこにいても印刷できるのは非常に効率的です。

フォトストレージ機能を使えば、バラバラに保存していた写真も一つのところに集めることが可能に。「Epson Photo Library」や「Epson iprint」などの無料アプリを入れておくことで、外出先から自宅のプリンターで印刷でき、家族で写真を共有することもできるようになります。

カメラコピー機能なら自動的にまっすぐ修正してくれるので、会議後のホワイトボードや免許証のコピー、また雑誌のレシピなども歪むことなくキレイに撮影可能です。

そのままプリンターに飛ばせるので印刷も楽チン。専用のソフトがなくても本体の液晶画面でトリミング可能で、フォトブックやカレンダーも簡単にできるので、子どもがいる家庭ではバラエティに富んだ使い方ができそうですよね。

年賀状だけじゃもったいない

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、レッドの3色。インテリアに馴染みやすい展開になっているあたりにも、デザインへのこだわりを感じます。毎日目にするものだからこそ、オシャレであることってけっこう大切ですよね。

年賀状でしか使う機会がなかった人も、プラスαの使い方ができるEP-879で新しい趣味に目覚めてしまうかも。

今まで修理センターに頼らざるを得なかった廃インクパッドも、メンテナンスボックスの搭載により自分で交換できるようになりました。とっくに保障期間が過ぎていて結局買い直し……なんて話もよく聞きましたが、これならガンガン頻繁にヘッドクリーニングもできます。

ハイエンドで機能面もルックスも申し分なし、しかも長寿命のEP-879。プリンター業界にとって革新的な1台になりそうな予感です!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ