キヤノンのEOS Mシリーズ初の高倍率ズームレンズ「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」

EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

焦点距離18-150mmという約8.3倍の高倍率ズームレンズ「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」が、キヤノン(Canon)から登場しました。EOS Mシリーズでは初となる高倍率ズームレンズになります。先日ご紹介したEOS M5とセットで使ってみたいレンズですね。

広角から望遠まで幅広い領域をカバー

コンパクトながらも35mm判換算で約29-240mmという、幅広い領域をカバーできるのが特徴です。EOS M5にこのレンズを装着すれば、日常のスナップから旅行まで多彩な用途で活躍してくれるはず。

広角から望遠まで一本のレンズでまかないたい人にはピッタリのレンズが登場したなーと思います。テレ端が150mmというと、ちょっと手ブレが心配になりますが、このレンズにはシャッター速度換算約4段分の手ブレ補正が備わっているので、ブレを抑えた高品質な写真を撮影できるのがポイントです。

ますます旅行に持って行きたくなりましたよ。。

STMで動画撮影にもグッド

さらに、「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」ではSTM(ステッピングモーター)を採用したのも特徴の一つです。静かでスムーズな動画サーボAFを実現したことから、写真だけでなく動画もガンガン撮影したい人にはピッタリです。

EOS Mシリーズはサイズもコンパクトなので、機動力を活かした撮影が期待できますね。しかも、このレンズは手ブレ補正つきで約8.3倍の高倍率ズームを可能にしています。ほんと、これ一本でさまざまな被写体を撮影できますよね。「EOS M5」と「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」の組み合わせで、写真の世界にハマる人も増えてきそうな気がします。

もちろん、EOS Mシリーズはレンズ交換式なので、このレンズだけではなくほかのレンズが使えるのも魅力的です。

EOS Mシリーズ初の高倍率ズームレンズ「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」は、写真・動画ともに機動力を活かした撮影を楽しみたい人には、かなりオススメなレンズに仕上がっています。

ちなみに、最短撮影距離が0.25mと近くまで寄れる点もうれしい特徴の一つです。

レンズの主な仕様は、レンズ構成が13群17枚、絞り羽根枚数が7枚、最小絞りが22〜40、最短撮影距離は18-50mmのときが0.25m、150mmのときが0.45mになります。

またサイズはφ60.9 × 86.5mm(最大径 × 長さ)、重さは約300g、フィルター径は55mmです。

コンパクトながらも広範囲な撮影領域をカバーする「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」で、日常から旅行まで多彩なフィールドで写真・動画撮影を楽しんでみてはいかがですか?

発売日は2016年11月下旬を予定しているとのこと。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ