油で揚げずにヘルシーでうまい!シロカ(siroca)のミニノンフライオーブン「SCO-601」

シロカ ミニノンフライオーブン SCO-601

唐揚げ、コロッケ、トンカツにポテトフライ……。揚げ物ってどうしてあんなに美味しいんでしょうね。約7割の人が週に1回以上食べると答えるほど、日本人は揚げ物が大好き! カロリーや健康を気にしながらも、ついつい食べちゃうんですよね。でも最近、自宅では揚げ物をしない家庭も増えてきているそうですよ。

コンロ周りの掃除や油の処理のことを考えれば、惣菜や外食でフライ欲を満たしてしまう気持ちもわかります。揚げたてこそが揚げ物の醍醐味ではありますが、後片付けが煩わしいのも事実。油を使わず揚げ物をつくる調理家電もありますが、キッチンのスペースは限られているし、置きたいものは他にもたくさんあります。

そんな揚げ物ファンの期待に応えてくれるのが、シロカ(siroca)のミニノンフライオーブン「SCO-601」。オーブンで揚げ物もつくる時代の到来です。

サクッとジューシー、パパッとヘルシー

ミニノンフライオーブンは、油で揚げずに揚げ物をつくれるコンベクションオーブンです。コンベクションとは熱気の対流を意味し、庫内の熱をファンによって循環させて一定の温度に保てるのが特徴。

食材を熱風で包み込むように加熱するため、効率的かつ均一に焼き上げれるのです。もともと大人数の調理をする業務用として使われてきたこの機能は、加熱ムラができやすいオーブンの欠点を見事にカバーしています。

すばやく焼いて食材のうま味や水分を閉じ込めれるので、理想的な「外はパリっと、中はジューシー」が実現しました。

いつもの揚げ物も、ミニノンフライオーブンなら大幅に脂質をカット! 食材から出る脂を生かすので、風味豊かなのにヘルシーに仕上がります。

ノンフライだけではありません。ローストビーフやパエリアなどのグリル料理もお手の物。本格的なオーブン料理からスイーツまで、料理好きも大満足できるポテンシャルを秘めているのが、ミニノンフライオーブンのすごいところなのです。

さらにメニューが60種類も掲載されたレシピブック付きなので、晩ごはんのバージョンアップ化が図れそうですね。

見た目も機能も超シンプル!無駄を省いてコンパクト

小型のオーブン

気になるサイズですが、幅37.61×奥行31.8×高さ21.2cmとオーブンにしてはかなり小型。その見た目の小ささに反して、庫内は山型パン2枚が余裕で入る広さになっています。

置く場所が限定されがちなオーブンですが、このサイズ感ならキッチンを広く使えそうですね。パンくずは本体下のトレーに集まり、大きく開く扉で中の掃除がしやすいのも助かります。

焼き網は手前に出てくる引出し式で、食材も取りだしやすく火傷の恐れもありません。

料理をしていると、こういうアイデアが地味にありがたい! 操作は目で見てわかりやすいダイヤル調節。

100~250℃までの温度調節つまみと、モード切り替えつまみ、そして最大60分まで設定可能のタイマーつまみの3つのみです。

モードは「コンベクション」「オーブン」「上ヒーター」「下ヒーター」の4つのモードから。必要最低限の機能ではありますが、この選択肢の少なさが使いやすさにリンクしています。

昭和を感じさせるクラシカルなルックスもなかなか素敵。縦に並んだ調節ダイヤルがデザインのアクセントになっています。清潔感あるホワイトと、モダンな雰囲気のレッド。

どちらを選んでもキッチン周りをスタイリッシュに彩ってくれそうです。

いつでも自宅でアイ・キャン・フライ!

ちょっと使いたいときに使える、この手軽さがちょうどいいと思います。

市販の冷えた揚げ物もレンジで温めたらベチャっとしますが、網に乗せてコンベクションするだけで、まるで揚げ立てのようになるという利点も見逃せません。

レンジでは再現しきれない美味しさを再確認するでしょう。

そしてお手頃価格なのも注目ポイント。ノンフライ調理器具としては手が届きやすいのがうれしいですね。たしかに他社のハイスペック商品と比べて、機能もサイズも頼りなく感じるかもしれませんが、使いこなせなければ無用の長物。

必要な機能さえ満たしていれば充分、という人にはピッタリです!

そういう意味ではミニノンフライオーブンこそ、今の時代に即したアイテムなのではないでしょうか。

ミニマムでありながらもコスパ最強のミニノンフライオーブンで、新たな揚げ物ライフを始めてみませんか?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ