超音波で汚れを落とす!シャープのコンパクトなハンディ洗濯機「超音波ウォッシャー UW-A1」

シャープ 超音波ウォッシャー UW-A1

シャツの袖の皮脂汚れ、襟についてしまったファンデーション、帽子の汗染み、帆布バッグの黒ずみなど、部分洗いが必要になるシーンは多々あります。ところが部分洗いは、思ったより汚れが落ちない、時間をとられる、布地が傷んでしまう、など労力と手間のわりに効果がいまひとつなのが実情です。そんなとき、シャープ(SHARP)のハンディ洗濯機「超音波ウォッシャー UW-A1」をオススメしたいですね。

質感の高いコンパクトなアルミボディでどこへでも持っていける

コンパクトなアルミボディ

「ポータブル洗濯器具」とでもいえそうなUW-A1ですが、デザインは驚くほどモダンです。知らいない人が見たら、コスメかスリムな水筒と思うかもしれません。

ピンク・シルバー・ゴールド系の落ち着いた色合いのアルミフロスト仕上げは、なんとも上品。洗練されたデザインと相まって、さらりとバッグから取り出せば、絵になる美しさです。

本体はコードレス仕様なので、少量の水があればどこでも使用できるのも魅力の1つですね。

ひたして、なぞり、すすぐだけ

具体的な使い方はわずか3ステップ。

まず、洗面台に水をため、汚れた部分をひたします。次に、UW-A1のスイッチをオンにし、汚れた部分をなぞります。汚れが落ちた後はサッとすすぐだけです。実にカンタンですね。

また、洗面台のような水をためる設備がないときのために、専用のパフケースが付属します。ケースに水を入れてパフに水を吸わせれば準備完了。パフに衣類を押し当てて同じように部分洗いができるので、汚れを見つけたらいつでもどこでも気軽に使えるのがポイント。

普段の洗濯前の部分洗いに重宝するのはもちろん、バッグやスーツケースにしのばせておくと、出先でもイザというとき頼りになりますね!

衣類を優しく洗う秘密は超音波の振動回数

UW-A1は、毎秒約38,000回という超音波の振動によって起こる真空の泡を弾けさせて洗浄する仕組みです。

これがどうして2万回や5万回でないかというと、それには理由があります。実は、回数が38kHz(38,000回)より多くなると衣類へのダメージが大きくなり、逆に少なくなると充分にキレイにならないということが、製品開発段階の実験で判明しているのです。

布傷みを抑え、衣類に優しく洗浄しながら確実に汚れも落とすという絶妙な振動数に設定されているわけですね。

シャツなどの襟や袖などは、着用しているとどうしても皮脂汚れが出てしまうし、口紅やファンデーションがついてしまったり、食品の汚れがついて目立ってしまうことは、気をつけていてもそれなりにあるものです。

そんなときこの超音波ウォッシャーがあれば、手軽に部分洗いができます。

コートやジャケット、ぬいぐるみなど、丸洗いしにくいものにも使用できるのは大きなメリットです。長く使いたいモノたちにこそ、定期的な洗浄を行ってキレイに保ち、末永く愛用してください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ