DPRAW追加やDCI 4K動画にも対応したキヤノンの「EOS 5D Mark IV」

EOS 5D Mark IV

2016年9月8日に発売されたキヤノン(Canon)のハイアマチュアユーザー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」をご紹介します。従来機種「EOS 5D Mark III」と比較して、“画素数・連写性能・高感度”などがアップしたほか、新たな記録画質「DPRAW」の追加やデジタルシネマ規格である「DCI 4K」動画撮影、さらにはカメラ内デジタルレンズオプティマイザなど、魅力的な機能が満載です。さっそく気になる特徴をみていきましょう。

約3040万画素CMOSセンサーやDIGIC 6+を搭載

今回のEOS 5D Mark IVでは、従来よりも画素数アップを果たした約3040万画素フルサイズCMOSセンサーが搭載されています。また、高画素化にともない映像エンジンDIGIC 6+(プラス)も搭載することで、静止画の常用ISO感度を最高32000に高めています。高画素化と高感度化の両方を実現したのはユーザーにとってうれしいポイントです。

さらに、EOS 5D Mark IIIでは最高約6コマ/秒だった連写性能が、EOS 5D Mark IVでは最高約7コマ/秒にアップしています。こちらも、とくに動体を撮影する人にとっては喜ばしいスペックに仕上がっていますね。

高画素・高速連写・高感度と、カメラとして重量な性能を確実に進化させてきたという印象です。

また、AF性能にも注目です。こちらは、EOS-1D X Mark IIにも搭載された「61点高密度レティクルAF II」が使われています。測距点は従来と変わりませんが、測距性能が大きくアップしています。なかでも最大61点※(内クロス21点)すべての測距点でF8測距を実現。これにより、開放F4のLレンズとエクステンダーEF2×IIIを組み合わせた撮影も可能です。

※レンズの組み合わせにより61点選択できない場合あり

それから、測距輝度範囲をEV-3(中央1点、F2.8以上のレンズでワンショットAF時)に拡大されたのもうれしいですね。暗所でのAFもストレスなく行われそうです。

カメラ内デジタルレンズオプティマイザやDPRAWの追加

いままでは後処理としてDPP(Digital Photo Professional)から実行していたデジタルレンズオプティマイザですが、なんとEOS 5D Mark IVではカメラ内からできるようになりました。

デジタルレンズオプティマイザって、けっこう時間がかかるしPCへの負荷もスゴいので大変な作業でしたが、これが撮影時にカメラ内で実行できるのはとても魅力的ですね。

これなら撮影後の編集もだいぶラクになるし、時間の有効活用にもつながるはず。

また、もう一つ気になるのが新たに追加された「DPRAW」という記録画質です。これはDPPで下記の3つの後処理機能を可能にした記録画質です。

  • 解像感補正
  • ボケシフト
  • フレアにも有効なゴースト低減

特に、ボケシフトはかなり実用的な機能になりそうですね。ゴースト低減も実際にどれほどの効果があるのか、試してみたいところです。

ただし、解像感補正とボケシフトは調整後にややノイズが増加するとのことで、この辺は少し注意が必要かもしれません。とはいえ、撮り直しができない画像においてはとても心強い味方になってくれるでしょう。

DCI 4K動画やタッチパネルにも対応

4K動画撮影には対応すると思っていましたが、まさかUHDではなくDCI 4K(4096 × 2160)を採用するとは予想外でした。これは個人的にかなり魅力的です。ソニーのα7R IIでさえUHDなので、デジイチでDCI 4Kが撮影できるのは大きなアドバンテージになると思います。

ただ、EOS-1D X Mark IIでもそうなのですが、Canon Logを搭載していないのがとても残念ですね。せっかくDCI 4Kで撮れるのに……。シネマ EOSと棲みわけたいのはわかるのですが、ソニーやパナはミラーレスでLogに対応しているので、キヤノンでも搭載してほしかったです。

また、EOS-1D X Mark IIはDCI 4K・60Pに対応していますが、EOS 5D Mark IVでは30Pにしか対応していません。ここも残念といえばそうですが、1DXとは価格差もだいぶあるのでしょうがないかな?という感じです。けれど、、、やっぱり少し残念。。

逆にうれしい機能としては、4K動画の1フレームを静止画として切り出せることです。約880万画素で切り出しJPEGで保存できるとのこと。まあ、だからこそ60Pに対応していればより決定的な1枚を撮れる確率が上がるんですけどね。30Pということで、秒間約30コマの静止画から選び出すことができます。4K撮影時のピントチェックにも役立つのがいいですね。

さらに、EOS 5D Mark IVでは、液晶モニターにタッチパネル機能が搭載されました。液晶パネル自体も約162万ドットと高精細で美しく仕上がっています。

スマホのように指先で触れるだけでいろんな操作を可能にします。なかでも画面に映っている被写体をタッチするだけで、ピント合わせできるのがうれしいところです。動画撮影でもタッチ操作が可能なので、いままでよりも撮影がだいぶ快適になりそうですね。

ほかにも、スライドで再生画像を切り替えたり、2本の指を使って拡大・縮小したりすることもできます。これは楽しそう・・・。

GPSやWi-Fi機能も

まだまだたくさんの機能があり、ここですべては紹介しきれません。というわけで、最後に個人的に気になった機能をご紹介したいと思います。

まず、ピクチャースタイルに新しく加わった「ディテール重視」です。これは、EOS 5Ds、EOS 5Ds Rから追加されたピクチャースタイルですが、今回EOS 5D Mark IVにも追加されました。解像感がほしいときなんかに、けっこう多用しそうな感じです。

それから、ホワイトバランスの設定では「オート(ホワイト優先)」が新たに追加されました。こちらは、白熱電球などの光源下でAWBで撮影するときに、“白”を忠実に表現したい場合に有効な機能です。たとえば、上記の撮影シーンにおいて「オート(雰囲気優先)」だと光源の赤みを残した表現になりますが、白を忠実に表現したいときには「オート(ホワイト優先)」を活用するといった感じです。何気に実用的な機能だと思います。

また、5Dシリーズでは初となるGPS機能を搭載した点もうれしいですね。位置情報を取得してExifに反映するので、旅行で撮影したときなんかに助かります。

あとWi-Fi機能も搭載されました。スマホ、テレビ、プリンター、パソコンなどにワイヤレスで写真を転送できるほか、専用アプリ「Camera Connect」をスマホやタブレットにインストールすれば、リモート撮影や撮影した画像のチェックも可能です。アプリはiOS、Androidの両方に対応しています。

また、NFCにも対応しているので、Androidのスマホを使っている人にはうれしいポイントになるのではないでしょうか?

というわけで、いろいろみてきましたが、やはりバランス機としては従来どおり最高の一台に仕上がっていると思います。見た目はそれほど変わりませんが(少し軽量になったみたい)、中身はかなり進化したといえるのではないでしょうか。

高画素化と高感度化、そして連写性能もアップしたうえに、DPRAWの追加やDCI 4Kなど……。ハイクオリティな写真や動画を撮影したい人には、かなり魅力的なカメラになると思います。

ただ、価格はちょっと高いですね、、、。4K動画も撮影するとなると、PC側のスペックも求められるので、だんだん手が届きにくくなっているような気が。。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ