耳に届くのはありのままの音。美しい音色で魅了するソニーのイヤホン「XBA-N3」

ソニー イヤホン XBA-N3

イヤホンには大きく分けてダイナミック型とバランスド・アーマチュア型(BA型)があります。それぞれ特徴があり、ダイナミック型は音域が広めで低音域を得意とし、BA型は音域は狭いながらも繊細な高音が魅力です。最近では両者の特徴をいいとこ取りしたハイブリッド機も出てくるようになりました。

ソニー(SONY)のXBA-N3でも、この流行のハイブリッド型が採用されており、より自然でなめらかな音を奏でてくれます。

HDハイブリッドドライバーでより美しく自然な音を再生

実は、従来のハイブリッド機のなかには、「単純にかけ合わせただけで低音がやたら強いし高音も耳に刺さって……」と、あまり「音楽的」ではないケースもありました。

この点、ソニーのイヤホンの音作りは「音を美しく鳴らす」ことに注力している傾向があり、ハイブリッド機でも安心して聴けることが多いですね。

XBA-N3の高音部分を担当するBAドライバーでは「自然さ」を重視。微細な音までも聞き分けられる、いわゆる解像度の高い音でありながら、透明度の高い見通しの良さと、なめらかに伸びていく自然さを見事に実現しています!

ダイナミックドライバーの低音域は余裕たっぷりに再生でき、変に味付けをせず、音源のもっているよさをそのまま耳に届けてくれる設計です。

サウンドスペースコントロールで広がりのある音に

XBA-N3には、独自開発された「サウンドスペースコントロール」という小部屋が組み込まれています。

これは音場の広がりを企図して設計された空間で、通気をコントロールし、低音域と高音域を無理に分離することなく、より自然なバランスに調整してくれます。

音というものはつまるところ空気の振動ですから、空気の流れをどのようにコントロールするかで、音が良くもなり悪くもなります。この部分の問題をどう調整して解決するかが、開発者の方の腕の見せ所といえるでしょう。

XBA-N3におけるサウンドスペースコントロールの採用は、ソニーからのひとつの解答といえます!

最近オーディオファンの間では、ヘッドホンやイヤホンのケーブルを交換する「リケーブル」が盛んです。ケーブルをグレードアップさせることで、単純に音質をアップさせることもできますし、材質による音の違いを楽しむこともできます。

プレーヤーとの接続方法も、通常のアンバランスのほかにバランス接続もあり、これらの組み合わせをいろいろと考えていくと、「沼」にはまってしまうこともあるかもしれません。けれどもはまってしまうのもなかなか楽しいものかもしれませんね!

XBA-N3は簡単にリケーブルでき、対応するMUC-Mシリーズのケーブルを利用すれば、さらに高音質で楽しむこともできます。様々に発展性のある、よい機種といえます。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ