ピュアで高精度な音質再生を可能にしたONKYOの完全ワイヤレスイヤホン「W800BT」

ONKYO 完全ワイヤレスイヤホン W800BT

ONKYO(オンキヨー)から新しく発売された完全ワイヤレスイヤホン「W800BT」をご紹介します。ケーブルを排除した完全独立型ワイヤレスということで、ストレスフリーなイヤホンを求めている人にはピッタリの一品です!

Φ8.6mmダイナミック・ドライバー搭載

W800BTは、ケーブルなしのBluetooth接続による完全ワイヤレスイヤホンです。Φ8.6mmダイナミック・ドライバーを搭載し、ピュアで高精度な音楽再生を可能にしているのが特徴です。

厚みのある低音、バランスのいい中域、透明感ある高域を実現し、優れた遮音性と正確な音質再生を可能にした密閉型構造を採用しています。

また、人間工学に基づくデザインと構造、スタビライザーにより、高いフィット感と長時間装着しても疲れにくい着け心地に仕上がっているのもポイントです。

オーディオ感あふれるスタイリッシュなデザインがとてもオシャレですね。

付属の充電ケースでは、イヤホンを収納するだけではなくUSB充電器としての機能も備わっています。フル充電時ならイヤホンへ5回のチャージができる(1回の充電で約3時間再生)とのことで、このケースを持ち歩けばバッテリー切れの心配もだいぶ減りそうですね。

外でガッツリ音楽を楽しみたいという人には最適なケースといえます。

しかも、フタを閉じた状態でもバッテリー残量を確認できるほか、充電用USBケーブルも内臓しているところが素晴らしいと思います。

これなら旅行や出張のときでも、充電ケースに使うUSBケーブルを別に持参して……なんて必要がないのでとてもシンプルです。

イヤホン、充電ケースともに、かなりハイクオリティな製品に仕上がっています。

煩わしいケーブルから解放されたストレスフリーなワイヤレスイヤホンが欲しいという人は、ぜひONKYOの「W800BT」をチェックしてみてはいかがでしょうか?

主な仕様は、ハウジングが樹脂、スピーカー口径がΦ8.6mm、再生周波数帯域が6Hz - 22,000Hz、最大入力が30mW、感度が107dB/mW、インピーダンスが16Ω、伝送方式がBluetooth 4.1、最大通信距離が10m、対応コーデックがSBC、対応BluetoothプロファイルがHFP、HSP、A2DP、マルチペアリングが最大4台、連続音楽再生時間が最大3時間、連続待受時間が最大40時間、充電時間は本体部が90分・充電ケースが2時間、本体の重さが125g。

付属品には充電ケースとイヤホンチップ(シリコン)S/M/L(各2個)がついてきます。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ