高速AFや高速連写を実現したソニーの高級コンパクトデジタルカメラ「DSC-RX100M5」

ソニー DSC-RX100M5

2016年10月にソニー(SONY)から発表されたRX100シリーズの新製品「DSC-RX100M5」をご紹介します。高速AFや高速連写など、かつてないほどの高速性能を実現したソニーの高級コンパクトデジタルカメラ「RX100M5」は、旅行や日常のスナップには最高のカメラになるはずです。

ファストハイブリットAF搭載

1型のレンズ一体型デジタルスチルカメラでは世界最速の高速AFを実現したソニーのRX100M5。今回、RX100シリーズ初となるファストハイブリッドAFが搭載されました。

位相差AFとコントラストAFのメリットを兼ね備えたファストハイブリットAFは、高速レスポンスや高精度なAF・動体追従を可能にしたのが特徴です。

「コンデジってどうも動作がもっさりして苦手……」と思っている方には、まさにこれ以上ないスペックに仕上がっていると思います。

また、広いAFカバー範囲を実現しているところも魅力的です。315点像面位相差AFセンサーという広範囲さ、そして高密度配置により小さい被写体や動体などを画面の広範囲で捉えることが可能です。

連写性能に関しても、最高約24コマ/秒(連写撮影モード「Hi」時)で連続連写可能枚数150枚(連続撮影モード「Hi」、画質「ファイン」時)というすばらしいスペックに仕上がっています。

これなら決定的な瞬間を見逃すことも減りそうですね。

さらに、最高1/32000秒の高速シャッターと内蔵NDフィルターも搭載されています。これにより、最大EV19の高輝度撮影に対応していることから、白とびしやすい場面や明るいところで開放によるボカした表現をしたい撮影時にも最適です。

高速AFや高速連写、そして高速シャッターや内蔵NDフィルター搭載など、かなり実用性の高いモデルに進化した印象ですね。これがあれば、もうデジイチを持ち歩く場面もかなり減りそうな気がします。

レンズも24-70mm F1.8-2.8(35mm判換算)と使いやすい焦点距離でF値も明るいので、さまざまな被写体や撮影シーンで活用できるはず。

4K動画撮影や最大960fps(40倍)スーパースローモーションも魅力的

写真だけではなく動画撮影においても、びっくりするくらいハイスペックに仕上がっています。

まず従来のRX100M4と比較すると、撮影可能時間が約2倍になりました。これにより、いままで瞬間しか撮影できなかったシーンでも一連の動作として撮影できるようになったのがポイントです。

また、最大で960fps(40倍)というスーパースローモーション(音声記録は不可。Class 10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要)での撮影が可能です。

4K動画撮影にももちろん対応しています。4K映像に必要な画素数の約1.7倍もの情報量を凝縮して4K映像に出力、そしてオーバーサンプリング効果によりモアレやシャギーの少ない優れた解像感の4K動画画質を記録できます。

さらに、撮影した4K動画から決定的な瞬間を選択して「静止画」として切り出すことも可能です。4K動画からなら約829万画素の静止画として切り出して保存できるので、これはかなり実用的でうれしい機能の一つですね。

というわけで、スチルからムービーまでこの小さなカメラ1台でさまざまな表現を楽しめるソニーのRX100M5は、旅行から日常のスナップ撮影まで多彩なシーンで活躍してくれるはずです。

ハイスペックな高級コンデジを狙っている方は、ぜひソニーのRX100M5をチェックしてみてはいかがでしょうか?

主な仕様は、センサータイプが1.0型(13.2 × 8.8mm)Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3 : 2、総画素数が約2100万画素、有効画素数が約2010万画素、F値(開放)がワイド端時でF1.8、テレ端時で2.8、虹彩絞りが7枚、ビューファインダーの視野率が100%、サイズが101.6 × 58.1 × 41.0mm(幅 × 高さ × 奥行、CIPA準拠)、重さ(CIPA準拠)が約299g(バッテリーNP-BX1、メモリースティック デュオを含む)、本体のみの重さは約272g。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ