iPhoneなどに接続して電話会議や音楽を楽しめるパイオニアのスピーカーフォン「RAYZ Rally(XW-LTS5)」

RAYZ Rally(XW-LTS5)

パイオニアの、iPhone・iPad・iPod touchに接続して電話会議や音楽を楽しむことができるスピーカーフォン「RAYZ Rally(XW-LTS5)」を紹介します。Bluetoothなどによるペアリング設定など必要なく、Lightningコネクタを直接挿すだけなのでとても手軽に使えます。

バッテリー不要でポケットサイズなのがイイ

RAYZ Rally(XW-LTS5)は、iPhoneなどとLightning接続することで、簡単に電話会議や音楽再生を楽しむことができるスピーカーフォンです。

コンパクトなポケットサイズで携帯性に優れていることから、会議室などはもちろん、旅行や出張などいろんな場所に持ち運びしやすいです。さらに、外部バッテリーが不要なので、スピーカー本体のバッテリー残量を気にすることなく使えるのがイイですね。

会議など集音に最適な全指向性マイクを搭載しているほか、本体部には口径30mmのスピーカーを搭載。そして、マイクの集音を遮断するマイクミュート機能を本体のスマートボタンに搭載しているのが特徴です。

また、RAYZ Rally(XW-LTS5)にはLightning接続用ポートも用意されているので、電話会議などをしながらiPhoneなどに付属するLightning - USBケーブルを使ってiPhoneやiPadなどへ充電することもできます。

この辺りはとても実用的でユーザーにとっては嬉しい仕様ですね。

そのほか、音楽の再生中には、本体に搭載されたスマートボタンから再生・一時停止・曲送り・曲戻しといった操作も可能です。

というわけで、iPhoneやiPadに接続して手軽に電話会議や音楽再生を楽しめるパイオニアの「RAYZ Rally(XW-LTS5)」の紹介でした。

RAYZ Rally(XW-LTS5)の主な仕様は、ビット速度/サンプリング周波数が最大24ビット/48kHz、接続コードが60mm、使用ユニットがφ30mm、再生周波数帯域が100〜20000Hz、実用最大出力が1W、指向性が全指向性、周波数帯域が100〜16000Hz、サイズ(コード含まず)が47 × 20.5 × 62mm(W × H × D)、重さが70g。カラーはアイスとオニキスの2色を用意。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ