細めの注ぎ口で湯量調節しやすいドリテックのドリップケトル「グレーブ PO-350」

グレーブ PO-350

ドリテックから、コーヒーを淹れるのに最適なドリップケトル「グレーブ PO-350」が登場したので紹介します。細めの注ぎ口で湯量調節しやすく、ドリップコーヒーを初めて淹れる人にも最適です。容量1Lと、使いやすいサイズ感もいいですね。電気ケトル&細めの注ぎ口なので、お湯を沸かした後にそのままコーヒー粉にお湯を注いでいけます。

ハンドドリップコーヒーに最適な電気ケトル

グレーブ PO-350は、一般的なケトルよりも細い注ぎ口を採用した、ハンドドリップコーヒーに最適な電気ケトルです。

注ぎ口の直径はわずか8mm程度で、細いほど抽出時の調節がしやすく湯切れも抜群です。コーヒー粉をふっくらと膨らませたい人にもオススメです。

お湯を沸かせられる容量は、コーヒー1杯分から最大1Lになります。その時の状況に合わせて、必要な量だけお湯を用意できるので、日常使いにはとても使いやすいサイズ感といえそうです。

電気ケトルにも関わらず、細めの注ぎ口を採用しているので、お湯を沸かした後にそのまま直接コーヒーを淹れられる実用性の高さがうれしいですね。

火を使うことなく、スイッチひとつで簡単にお湯を沸かせられます。沸騰した後は自動でスイッチが切られるので、切り忘れや空だきの心配もありません。

忙しい朝やちょっと休憩したい時など、サッと手軽に安心して使えるのがグッドです。

また、上部にあるフタは取り外し可能になっていてポットに水を入れやすいほか、内部にはMAX目盛りも付いているので水を入れる時の目安にもなります。

ちなみに、湯沸かし中はランプが点灯し、お湯が沸くと電源がオフになりランプも消灯する仕様です。

美しい曲線によるデザインもとてもスタイリッシュで、インテリア性もバッチリですね。

デザインは全部で3種類。光沢がある鏡のような仕上がりの「鏡面加工」、ラインが入った美しい仕上がりの「ヘアライン仕上げ」、落ち着いたゴールドの輝きがおしゃれで持ち手などにある木目調柄がアクセントになっている「ゴールド」から選べます。

ステンレスの素材感と美しい滑らかな曲線フォルムによる電気ケトル「グレーブ PO-350」で、日常のハンドドリップコーヒーをより優雅に淹れてみてはいかがでしょうか。

グレーブ PO-350の主な仕様は、サイズが約269 × 142 × 215mm(W × D × H)、重量(給電スタンド含む)が約885g、コードの長さが約80cm、最大容量が1.0L、消費電力が900W、電源がAC100V 50/60Hz 共用。

ドリテック ドリップケトル1.0L PO-350SV

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ