部屋での焼肉に最適!煙を少なく抑えるイワタニのカセットガス・スモークレス焼肉グリル「やきまる」

やきまる

イワタニから、部屋での焼肉に最適なカセットガス・スモークレス焼肉グリル「やきまる」が発売されていたので紹介します。これ、かなり良さそうです。直火ならではの焼き能力の高さを生かしつつも煙の発生を少なく抑制してくれるので、「焼肉は好きだが室内ではちょっと……」と敬遠しがちな人には最高のアイテムになるのではないでしょうか?

2つの要素で焼肉時の煙の発生を抑制

やきまるは焼肉時に発生する煙を少なく抑制するカセットガス・スモークレス焼肉グリルです。一般的に、部屋で焼肉をすると煙の発生がすごくて敬遠されがちですが、この「やきまる」を使えば煙を少なく抑えつつ、直火での焼肉を楽しむことができます。

やきまるでは2つの要素により焼肉時の煙の発生を抑制しています。下記がその2つの要素です。

  • 1. 肉の脂が炎にあたらないようにすること
  • 2. 肉の脂が高温化して煙化しないようにすること

まず1ですが、これはプレートからスムーズに脂が水皿に落ちるような構造的工夫を施すことで実現しています。具体的には、「脂の通り道をつくる」「脂が落ちやすい隙間をつくる」「脂が炎にかからないようにプレート裏側にガイドをつくる」の3つの工夫がなされています。

そして2では、焼き面の温度を約210〜250℃にコントロールすることで煙を抑制します。脂は約250℃を超えて高温化すると煙化します。とはいえ、低温での焼肉はおいしくありません。そのため、直火ながらも約210〜250℃に焼き面をコントロールする工夫がなされています。

どんな工夫かというと、バーナーと焼き面の間に適度に熱がこもる構造にして、バーナーの火力をできる限り弱くしているとのこと。これにより、熱の立ち上がりの速さを維持しつつ、焼き面は一定以上に高温化しないという熱バランスを実現しています。

これら2つの要素があるおかげで、自宅でも本格的な焼肉を快適に楽しめるというわけです。

また、サイズに関してもコンパクトで軽量に仕上がっているので、卓上・収納ともにスペースを多くとる必要もなくとても実用的です。焼き面にはフッ素コートも施されています。焦げ付きにくくお手入れも簡単なのが嬉しいですね。

そんなわけで、部屋で存分に焼肉を楽しみたいという人は、これを機会にぜひ「やきまる」を活用されてみてはいかがでしょうか?

やきまるの主な仕様は、サイズが303 × 278 × 149mm(幅 × 奥行 × 高さ)、重量が約2.0kg、最大発熱量が1.0KW(900kcal/h相当)、最大火力連続燃焼時間が約3時間37分(イワタニカセットガス1本使用時)、品番がCB-SLG-1。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ