コーヒー豆を挽く粗さを38段階から選べるOXOの「バリスタブレイン スケール付きグラインダー(8710200)」

OXO バリスタブレイン スケール付きグラインダー 8710200

OXO(オクソー)の、コーヒー豆を挽く時の粗さを38段階から選べる「バリスタブレイン スケール付きグラインダー(8710200)」を紹介します。エスプレッソからフレンチプレスまで、好みの抽出方法に合わせてベストな粗さで挽けるので、コーヒーの味にこだわりたい人には最高の1台になるのではないでしょうか?

ステンレス製の丈夫なコニカルバー(刃)を搭載

バリスタブレイン スケール付きグラインダーは、38段階から粗さを選べ、内臓スケールで正確なコーヒー粉を挽けるコーヒーグラインダーです。ステンレス製の丈夫なコニカルバー(刃)を搭載し、抽出方法に合わせて適切かつ均一なサイズの挽豆を実現しています。

38段階という豊富な粗さから選べるので、コーヒー好きな人にはとても重宝するグラインダーになりますね。

シンプルなインターフェイスと見やすいLEDにより、優れた操作性を実現しています。簡単なボタンとダイヤル操作で、カップモード、グラムモード、ポルタフィルターに直接挽けるマニュアルモードの選択が可能なところがいいですね。

また、パワフルなDCモーターは高トルク/低速仕様(400rpm)で豆に過度な熱を加えず風味を守ってくれるほか、豆ポッパーには紫外線カット効果も備えているとのこと。コーヒー豆というのはデリケートなので、少しでもコーヒー豆を劣化から守ってくれるのはとてもうれしいポイントですね。

そのほか、豆残量感知機能も備えているので、空回りを最小に抑えてオーバーヒートを防ぎモーターの寿命を長持ちさせます。

デザインもスタイリッシュに仕上がっていてとてもオシャレですね。前回紹介した温度調整とタイマー機能が付いたドリップケトルと合わせて揃えたくなります。

というわけで、38段階の粗さから選べるOXOのコーヒーグラインダー「バリスタブレイン スケール付きグラインダー(8710200)」の紹介でした。

主な仕様は、サイズが13.6 × 23 × 36.3cm(幅 × 奥行 × 高さ)、重さが約2.35kg。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ