お茶碗2杯分のご飯を炊けるサンコーの小型の炊飯器「お一人様用 ハンディ炊飯器」

お一人様用 ハンディ炊飯器

サンコーからお茶碗2杯分のご飯をおいしく炊ける小型の炊飯器「お一人様用 ハンディ炊飯器」が発売されました。弁当箱サイズというコンパクトさを実現したので、自宅はもちろん職場や旅行などいろんな場所に持ち運びしやすいのがいいですね。ご飯だけでなく、味噌汁、カレー、ゆで卵なども作れちゃいますよ。

陶器のお茶碗が2つ入る炊飯器

お一人様用 ハンディ炊飯器は、お茶碗2杯分のご飯を手軽においしく炊ける携帯性に優れた小型の炊飯器です。

炊飯器の中には陶器のお茶碗が2つ入る設計になっていて、1つのお茶碗には最大約0.65合(約120ml)が入れられ、お茶碗大盛り約230gのご飯が炊けます。また、約0.4合(約80ml)の場合はお茶碗中盛り約140gのご飯が炊けます。

大盛り・中盛りと、その時のシーンに合わせて炊けるのがイイですね。

サイズに関しても弁当箱のようなコンパクトさを実現しているので、あちこち持ち運びしたい人にもピッタリです。職場、旅行、出張など、電源さえあればさまざまなシーンで炊きたてのおいしいご飯を食べられます。

一般的に炊飯器は自宅で使うイメージがありますが、このように携帯性に優れた炊飯器を活用すればライフスタイルも大きく変わるかもしれませんね。

使い方もすごく簡単です。

  1. 電源ケーブルを接続してコンセントに挿す
  2. 研いだお米をお茶碗に入れて水を入れる
  3. 炊飯用の水を入れる
  4. 蓋を閉めてフックでロック
  5. 電源スイッチを入れる
  6. 約50分後に電源ランプが消えて炊飯終了、蒸らして完成

こんな感じで、手軽にサクッとご飯が炊けちゃいます。さらに、片方の容器を活用してインスタントの味噌汁、レトルトカレー、ゆで卵、温野菜、ふかし芋といったものを作ることも可能です。お茶碗が2つあることで、楽しみ方がグッと広がりますね。

というわけで、お茶碗2杯分のご飯を炊けるサンコーの「お一人様用 ハンディ炊飯器」の紹介でした。

主な仕様は、サイズが225 × 135 × 155mm(幅 × 奥行 × 高さ)、重さが1090g、電源がAC100V 50/60Hz、消費電力が250W、最大炊飯量が120ml × 2(約1.3合)、容器容量が約360ml。

機能には空焚き防止機能があり、保温機能はついていないとのこと。内容品は、本体、電源ケーブル(80cm)、軽量カップ、保管用炊飯容器 × 2、保管用炊飯容器フタ × 2、日本語取り扱い説明書です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ