合計10個のスピーカーを搭載したパナソニックの大音量ワイヤレススピーカーシステム「SC-UA7」

パナソニック ワイヤレススピーカーシステム SC-UA7

パナソニックから合計10個のスピーカーを搭載し、上質なBGMからホームパーティまで対応できる大音量ワイヤレススピーカーシステム「SC-UA7」が発売されていました。中高域部のスピーカーを前方3面に配置しているので、室内のどこにいてもイイ音を楽しめます。

Airquake Bass採用で低音好きにもうれしい仕様

SC-UA7は合計10個のスピーカーと1100W出力のアンプを搭載した、大音量のワイヤレススピーカーシステムです。中高域と低域のスピーカーボックスを分割し、最大音量でも高品位な低音を再生できます。

さらに、スーパーウーハーは対面式の配置でキャビネットへの振動を抑えてクリアな低音を再生するほか、キャビネットを六角柱型にして剛性を高め、共振を低減します。

独自ポートで空気圧を漏らさず前方に押し出し、低音を体で感じられるレベルに増幅する「Airquake Bass」を採用している点も魅力的ですね。

低音好きにはとてもうれしい仕様になるのではないでしょうか?

また、中高域部のスピーカーは前方3面に角度をつけて配置しています。これにより、音が広がるので室内のどこにいてもイイ音を楽しめます。

モードは下記の7つを用意。

  • ミュージック
  • BGM
  • シネマ
  • ナイト
  • スポーツ
  • TV
  • スタンダード

その時に聴く音楽に合わせて音質を調整できるところもグッドですね。

SC-UA7にはUSB接続端子を搭載しているので、USBメモリーに保存した音楽を再生できるほか、Bluetooth対応によりスマホなどの音楽をワイヤレスで再生できます。

さらに、4GBの内蔵メモリーも搭載しています。これにより、約1000曲の音楽を保存できるので、よく聴く音楽などはここに入れておけば効率的に楽しめそうですね。

好きな曲を連続再生するジュークボックス機能も搭載されていますよ。そのほか、光デジタル音声入力端子搭載により、テレビと接続してテレビ番組や映画をパワフルなサウンドで楽しむことも可能です。

それから、マイク端子も搭載しているのでカラオケも楽しめちゃいます。上質なBGMからホームパーティまで、多彩なシーンで活躍してくれるスピーカーですね。

SC-UA7の主なスペックは、電源がAC100V 50/60Hz、消費電力が動作時で180W、待機時で約0.4W、待機時(「BLUETOOTH STANDBY」を「ON」に設定時)で約0.5W、BluetoothのバージョンはBluetooth Ver.2.1+EDR、送信出力がClass2、対応プロファイルがA2DP(受信:SCMS-T対応)、AVRCP、通信方式が2.4GHz band FH-SS、見通し通信距離が約10M、サイズが260 × 744 × 295mm(幅 × 高さ × 奥行)、重さが約1.4kg、カラーが-K(ブラック)。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ