スマホ・タブレット

ブルーライトのタブレットで目への影響が少ないのは「Kindle Paperwhite」

ブルーライトについてちょっと調べていたら興味深い記事を発見しました。

Kindle、kobo、7型タブレット…測ってわかった!電子書籍端末のブルーライト量に“大差” 日経トレンディネット

[ads_center]

電子書籍を読むことができる端末である色々なタブレットのブルーライトの量を比較した記事。で、電子ペーパーやら7インチタブレットなどを比較して目に1番影響が少なかった端末がKindle Paperwhiteです。

僕は初期のKindle Paperwhiteを購入しているんですが、実際にそれを使用している時は確かに目に優しい印象はありました。実際の紙を見ている感じなんですよね。

しかし、雑誌などのカラーを見る時には残念ながらKindle Paperwhiteでは適していないので最近ではあまり使わなくなってしまいました。あと動きがモッサリしているのも嫌でした。

ただ、文字だけの書籍を見る分にはやっぱりすごく読みやすいんですよね。しかも今回の調べでブルーライトの影響が1番少なかったっていうのもあり、また使ってみようかなーと思っています。

Kindle Paperwhiteのニューモデルも出ているので新しく買ってみるのもよさそうですね。値段も9,980円(記事公開時点・Wi-Fiモデル)とかなり安いので今かなり心が揺れ動いています。

特に夜中は読書するためにタブレットを弄る時間も多いので、長期的に見ると目にやさしいKindle Paperwhiteを使っていた方が安心ですね。

現在7インチタブレットはNexus 7を使っているんですが、もしKindle Paperwhiteを買ったら、文字だけの書籍をPaperwhiteで読み、雑誌や漫画はNexus 7で読むスタイルになりそうです。で、外出時にはスマホで見ると完璧ですね。この辺はうまく棲み分けできそうです。

そんなわけで、普段から電子書籍を使っている人で目の疲れなどが気になる方はKindle Paperwhiteを使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. alto Foglia for iPhone 7
  2. ToughShell Elite for iPhone 7
  3. サンワダイレクト iPhone手帳型ケース
  4. iPhone 7 Smart Battery Case

    スマホ・タブレット

    iPhone 7のApple純正バッテリーケース「iPhone 7 Smart Battery Ca…

    先日、新たに発表されたiPhone 7とiPhone 7 Plus。今…

  5. iPhone 6s/6 用フリップハードケース

    スマホ・タブレット

    PGAの極薄スマートなiPhone 6s/6 用フリップハードケース

    iPhoneケースでフリップ(手帳)型と聞くと、たいていは「分厚いんで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. USB-3TCH10BK
  2. W-QA05BK
  3. enerpad AC-80K
  4. 厚みを測れる定規
  5. OWL-CVIA6501-BK

アーカイブ

  1. ブラック・アンド・デッカー ハンディクリーナー WD7201

    生活家電

    液体も吸引できるブラック・アンド・デッカーのハンディクリーナー「WD7201」
  2. DataTraveler Bolt Duo

    ガジェット

    iPhoneやiPad対応でLightning端子を搭載したキングストンのUSB…
  3. オーディオ機器

    オーディオテクニカのATH-CKS77XBTでBluetoothワイヤレスイヤホ…
  4. バッグインベッド CB1-510

    アウトドア

    バッグに入れて持ち運べるドッペルギャンガーの軽量折りたたみベッド「バッグインベッ…
  5. ルンバ 641

    生活家電

    ベーシックな清掃機能を搭載したコスパ最高の「ルンバ 641」
PAGE TOP