OneCam

スマホ・タブレット

OneCamをiPhone6 Plusのメインカメラに!静音だし設定も簡単で使い易い

iPhone6 Plusで使っている最近のお気に入りカメラがOneCamです。今はこれが僕のiPhoneのメインカメラになっています。

OneCamの良いところはいろいろあるんですが、特に気に入っている機能が以下の2点です。

  • 静音撮影
  • マニュアルモード

あと全体的に使い方がとてもシンプルなので個人的にすごく扱いやすいなぁと思っています。

そんなわけで、以下、簡単なレビューなんかをつらつらと書いていきます。

シャッター音が消せる

OneCamはインストールした時点ですでに静音撮影できる状態になっているので、非常に便利です。シャッター音がうるさく感じている方にはオススメのカメラアプリだと思います。

他にも鳥や動物などを撮影する時なんかにも役立ちますね。

iPhoneに最初から入っているカメラアプリは結構デカいシャッター音が鳴るので、鬱陶しいなぁと思っていました。

たまに音がデカくてビックリする時があるんですよね……。たぶんこのように思っている方は僕以外にも結構いるのではないでしょうか?

そんなわけで音を消せるカメラアプリというのは非常に需要があると思っています。実際にOneCamを使っている方はたくさんいますからね。

マニュアルモードの使い方もシンプル!ピントや露出を個別に調節

OneCamは設定画面からマニュアルモードにすることができます。

OneCamのマニュアルモード

このマニュアルモードの使い方がシンプルで個人的にとても気に入っており、なぜならフォーカス(ピント)と露出(明るさ)を個別に調節することができるからです。

こんな感じで、青い四角と赤い丸が表示されているのが確認できるかと思います。

フォーカス(ピント)と露出(明るさ)

青い四角でピントを合わせて、赤い丸で露出を合わせることができるのです。これすごく便利です。

四角や丸の部分をタッチで好きな場所に移動させることができるので、自分の狙った部分にピントや露出を合わせやすいです。

通常のカメラだとフォーカスされた部分に露出も同時に合わさってしまうので、自分の意図しない露出設定になってしまう時があるんですよね。

なので、この2つを別々に調節できる点はすごく良いと思います。

高解像度で撮れる

高解像度で撮った画像を保存できるのもOneCamの良いところです。僕がよく使っているサイズは以下になります。

4:3(3264×2448)

正直iPhoneでこれだけ解像度があるなら僕にとっては充分すぎます。余裕でトリミングもできますからね。

ちなみに保存されるサイズや比率の種類はたくさん用意されているので、自分に合うものを選択することができると思います。具体的には以下のサイズから選ぶことができます。

  • 4:3(852×640)
  • 4:3(640×480)
  • 1:1(640×640)
  • 16:9(1920×1080)
  • 4:3(1600×1200)
  • 1:1(1200×1200)
  • 4:3(3264×2448)
  • 1:1(2448×2448)
  • 3:2(3264×2176)
  • CALS(1280×960)

このように様々なサイズを手軽に設定することができるので、とても使い易いです。

何をするにもサクサク動作しますし、複雑な機能がほとんどないので、非常にオススメしたいカメラアプリです。

他にもズームや連写、ガイド線を表示したりすることもできるので、撮影時にあると便利な機能は一通り揃ってるといった印象です。

単純に、使わなそうな機能がたくさん盛り込まれているのではなくて、使う頻度や重要度の高い機能に絞られている辺りが非常にバランスいいなーと感じています。

そんなわけで、使い易い便利なカメラアプリを探している方は、是非一度OneCamを試してみてください。

関連記事

  1. スマホ・タブレット

    iPhone6/6 Plusの自動ロック(スリープ)の時間を変更する設定方法

    iPhone6/6 Plusを使っていて感じたのが、自動ロック(スリー…

  2. モトローラ Moto Z

    スマホ・タブレット

    拡張モジュールで“合体”もできるモトローラのハイエンドスマホ「Moto Z」

    モトローラ(Motorola)といえば、世界で初めて「携帯電話」の発表…

  3. スマホ・タブレット

    ぷららモバイルLTEをiPhone6 Plus(SIMフリー)で開通するまでの設定方法

    先日ぷららモバイルLTEを契約してようやくSIMカードが到着したので、…

  4. スマホ・タブレット

    ブルーライトのタブレットで目への影響が少ないのは「Kindle Paperwhite」

    ブルーライトについてちょっと調べていたら興味深い記事を発見しました。…

  5. iPhone6とiPhone6 Plus

    スマホ・タブレット

    iPhone6・iPhone6 Plusをどのように使いこなしていくか

    ようやく新しいiPhoneが発表されましたね!今回のiPhoneは噂通…

  6. スマホ・タブレット

    世界で最も薄いタブレット「iPad Air 2」が登場!そして欲しい!

    ようやくAppleからiPad Air 2が登場しましたね!他にも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Anker PowerWave 7.5 Pad
  2. 700-BTL035
  3. Anker Soundsync Bluetoothレシーバー
  4. Jaybird TARAH PRO
  5. Fire TV Stick 4K

アーカイブ

  1. HERZのフィッシングバッグ・G-18

    ファッション

    HERZ(ヘルツ)のOrganフィッシングバッグ・G-18がカッコイイ
  2. HERGOPOCH 3wayブリーフケース TV-BFT

    ファッション

    デザインと機能性をギュッと凝縮!HERGOPOCH(エルゴポック)の3wayブリ…
  3. ラッセルボブス ターボトースター 7780JP

    生活家電

    1分30秒でおいしいトーストが焼けるラッセルボブスの「ターボトースター 7780…
  4. Anker SoundBuds Lite

    オーディオ機器

    IPX5防水規格で長時間再生を実現したネックバンド型Bluetoothイヤホン「…
  5. カメラ機材

    Carl Zeiss(カール ツァイス)のBatis 2/25 広角レンズ
PAGE TOP