Anker 60W 6ポート USB急速充電器のレビュー

ガジェット

Anker 60W 6ポート USB急速充電器をレビュー!40W 5ポートとも比較してみた

以前ご紹介したAnker 60W 6ポート USB急速充電器を発売日に購入して、昨日商品が到着したのでさっそくレビューしてみたいと思います。

発売当日は数量限定で税込価格2,999円で購入することが可能だったので、なんとか間に合ってよかったです。現在はすでに定価の3,599円に戻ってしまいましたが、それでもこのクオリティでこの安さはコスパ抜群であることは間違いありません。

自宅で複数の電子機器をまとめてUSB充電したいという方は買っておいて損はないはずです。

開封してみる

Anker 60W 6ポートを開封

そんなわけでさっそくAnker 60W 6ポートを開封してみます。Tear to openと書かれた部分をピリピリと引っ張りながらオープンしていきます。

パッケージを開く

パッケージを開くとこのような箱が登場。

製品が出てくる

箱を開けると……。製品が出てきました。ようやくAnker 60W 6ポート USB急速充電器とご対面です。

充電器を取り出してみる

充電器を取り出してみたところ。

今回はカラーをホワイトにしました。とてもシンプルなデザインでカッコイイですね〜。ブラックの時はマット調の質感だったのですが、ホワイトはツルツルした肌触りになっています。

どちらがいいかと聞かれると好みによるところが大きいのですが、個人的にはブラックの方が好きかもしれません。

ただ今後の予定として岡村製作所(オカムラ)のホワイトのデスクを購入する予定なので、それに合わせる意味でも今回ホワイトにしました。あと単純に前モデルでブラックを使ったので違う色も使ってみたかったという理由もあります。

USB差込口

USB差込口を真上から撮ってみました。当たり前ですがちゃんと6ポート備わっています。すごいですね。もう手持ちの電子機器を一気に充電させることができます。

特に休日や旅行に行く前の日って慌ただしくなるので当日まで充電しとくの忘れてた!って時が多いんですよね。そんな時にポート数が足りなくて充電終わるのを待たなければいけないという面倒くさい手間が省けるのでかなり助かります。

特に容量の多いモバイルバッテリーなんて満タンになるまでかなりの時間を費やさなければなりませんからね。Anker 60W 6ポートなら、まとめて一回で充電できる上にPowerIQテクノロジーを使って急速充電まで対応しているので、かなり時間を有効活用することができます。

非常にありがたい製品です。こんなのが三千円台で買えちゃうわけですから、欲しいと思っている方には激しくオススメしちゃいますよ。

60W 6ポートと40W 5ポートのサイズの違いは?

前回モデルの40W 5ポートを使っている方で気になるポイントはサイズの違いではないでしょうか?

なので60W 6ポートと40W 5ポートのサイズを比較してみました。

60W 6ポートと40W 5ポートのサイズ比較

上記を見て分かると思いますが、やはりポート数が増えた分ひとまわり大きくなりました。ただそれでも元々のサイズがコンパクトな方なので体感的に「デカイな〜」ということはありませんでした。

最初に手に持った時は「これで6ポートもあるんだ〜、結構小さくていいな」でした。その後、40W 5ポートを持ってみると「こんなにちっちゃかったんだな」って思いました。

それでも6ポートもあれば旅行に持っていく人も少ないと思いますし、大抵の人が自宅で使用するかと思います。もちろん僕も自宅以外では使う予定はありません。

旅行用には以前購入した20W 2ポートがありますし。

そんなわけで、それだったら多少サイズは大きくなってもポート数が6個になった方が使い勝手が良いですからね。5ポートの時はポート数が1、2個足りないこともあったので、個人的には6ポートになってくれてよかったと思っています。

重ね合わせてみた

2つを重ね合わせてみたところ。人によってはこのサイズの差を大きく見るか微々たるものと見るか別れるところですが、僕は全然問題になりませんでした。

やはりこの製品は「自宅用」と割り切るのが一番だと思います。そう考えればこのサイズの差は「微々たるもの」と感じられるはずです。

ケーブル

箱の中の下にはケーブルなどが入っていました。

IQの紙

大抵のアンカー製品を買うと入っているIQの紙。分かってるんですが、とりあえず引っ張っちゃいますよねw

ケーブルを本体にセット

ケーブルを本体にセット!

充電開始

充電開始!

青く光り輝やいてカッコイイです。電気暗くした時に気になる人はいそうですが……。

Anker 60W 6ポートを使ってみた感想

そんなわけで昨日はひたすら手持ちの電子機器を充電していました。偶然なのか分かりませんが、ちょうど自分が持っている内の2つのモバイルバッテリーの電池もなくなっていたので、これでもか!ってくらい充電してやりました。あとiPhoneやiPadなども。

まだAnker 60W 6ポートを使い始めて2日目ですが、とりあえず「買ってよかった!」って思っています。実際に6ポートをマックスで使うことは少ないかもしれませんが、それでもイザという時に使えるというのは精神的にもかなり安心感を得られると思いますよ。

また、そういった数少ない6ポートMAXで使用しなければいけない状況ってすごく緊急度が高い場合がほとんどです。

時間を効率的に使いたい、あっちこっち充電する手間を少なくしたいという方は、是非Anker 60W 6ポート USB急速充電器を使ってみてください。

関連記事

  1. Smart Reader RDA2

    ガジェット

    iPhoneやiPadに対応したトランセンド(Transcend)のSD/microSDカードリーダ…

    トランセンド(Transcend)のiOS機器に対応したSD/micr…

  2. GH-FANSWE

    ガジェット

    グリーンハウスの最強クラスのUSB扇風機「GH-FANSWE」

    職場や自宅のデスクで使えるUSB駆動によるグリーンハウスの小型扇風機「…

  3. ガジェット

    EIZOのColorEdge CG318-4KとCG248-4Kの違いについて比較してみた

    今から購入するモニターをどれにするか非常に悩んでいるわけなんですが、せ…

  4. BRYDG USB Cable with Lightning Connector

    ガジェット

    超高耐久Lightning-USBケーブル「BRYDG USB Cable with Lightni…

    リンクスインターナショナルからBRYDGEの超高耐久Lightning…

  5. サンワサプライ USBハブ USB-2H215BK

    ガジェット

    USBポート2個を手元に置いて使えるサンワサプライのUSBハブ「USB-2H215BK」

    サンワサプライの1.5m延長タイプのUSBハブ「USB-2H215BK…

  6. Deeper ワイヤレススマート魚群探知機

    ガジェット

    次世代の釣りシステムをポータブルで楽しめる「Deeper ワイヤレススマート魚群探知機」

    釣りというものは、じっと「待つ」ことも醍醐味ですが、どんどん釣果がある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Kindle Paperwhite(第10世代)
  2. USB-3TCH10BK
  3. W-QA05BK
  4. enerpad AC-80K
  5. 厚みを測れる定規

アーカイブ

  1. ルルド ハンドケア AX-HXL180

    生活家電

    指の1本1本までマッサージするハンドマッサージャー「ルルド ハンドケア AX-H…
  2. カメラ機材

    ブレイキング・バッド(シーズン1〜5)の動画を最終回までHuluで見た!
  3. Atomic Floyd SuperDarts Titanium + Remote

    オーディオ機器

    Atomic Floyd(アトミックフロイド)のSuperDarts Titan…
  4. MIXIT↑ メタリックPower RockStar 10000

    ガジェット

    充電ケーブルを収納して持ち歩けるベルキン(belkin)の大容量モバイルバッテリ…
  5. ノマドキー

    ガジェット

    持ち運びに最適なLightning USBケーブル「ノマドキー」を購入
PAGE TOP