香港のビクトリアピークからの夜景

旅行・お出かけ

香港のビクトリアピークで100万ドルの夜景を堪能!シンフォニーオブライツも見れた

今回の香港旅行で1番行きたかった観光スポット「ビクトリアピーク」へ行ってきました。

香港といえば100万ドルの夜景!ということで、ここはおそらく香港でもトップクラスの夜景スポットになっています。

ただ、行く前にネットでいろいろ調べてみると、どうやらガスがかかることが多いらしく「上まで行ったけどガスで見えなかった」なんて方が結構いらっしゃる模様。

なので、当日はそのようなリスクを承知の上で向かいました。

8月の香港は雨季ということもあり、たぶん天気悪いだろうなあと思っていましたが、運がよかったのか、その日はかなりの快晴でした。

ビクトリアピークまでの行き方

今回は九龍にあるホテルに宿泊したので、九龍側からビクトリアピークを目指しました。

行き方はいろいろありますが、僕はまずフェリーでセントラルへ行きました。

尖沙咀のフェリーターミナル↓

尖沙咀のフェリーターミナル

ここからセントラル行きのフェリーに乗り込みます。オクトパスカードが使えるのでとっても便利です。

いざ出発。天気がいいので風が心地いい。

フェリーで出発

あっという間に香港島へ到着。

香港島へ到着

船着場でフェリーをあとにします。

船着場

セントラルのフェリー乗り場のすぐ近くにビクトリアピーク行きのバス停があるので今度はそこからバスでビクトリアピークの駅に向かいます。

バスの番号は「15C」です。もちろんバスでもオクトパスカードが使えます。ちなみに降りる時ではなく乗る時に支払うので前もって準備しておくのがよさそうです。

窓際ゲット。香港のビル群は見ていて楽しいですね。

香港のビル群

所要時間は大体15分くらいかな?意外と早く着きます。

バス

到着してビックリしたんですが、とにかく人の数がハンパない。もうディズニーランドのアトラクション並みです。こんな感じでトラムに乗るまで並びます。

行列

まだピークトラムの駅の中にすら入れない状況……。平日でこの人の数なので休日にはもっとヤバいかもしれません。

ピークトラム

ようやく駅の入り口まで来ました。ここで、1つ失敗したことがあったんですが、以下の写真の中にTICKETSと書かれた場所がありますよね?

チケット売り場

ここで僕は往復チケットを購入したんですが、その間にどんどん後ろの人に越されてしまいました。

で、あとから気づいたんですがどうやらオクトパスカードが使えるみたいなんですよね。もっと前もって調べておくべきでした。あまりチケットを購入している人がいなかったので「みんな事前にチケット購入してるんだろうなあ」と思っていましたが、だいたいオクトパスカードを使っていました。

駅の中に入ってもまだ行列は続きます。

行列

トラムは電車みたいな乗り物です。ただ、電車みたいに車両が連なっていないので、バスと電車を足して2で割ったような感じですかね。

トラム

そしてようやく自分がトラムに乗る順番へ。

トラムに乗る

ちなみにトラムに乗って登る時は右側にビル群の景色が見えるので、座る椅子は「右側」がオススメです。窓際に座りたかったけど人の多さで無理でした……。それでも一応右側の椅子には座れましたけど。

人生初トラムです。

初トラム

勾配がキツく、なかなか強烈な角度を保ちながら登って行きます(笑)。

勾配がキツイ

ビル群が見えてきました。迫力あります。

トラムから見るビル群

そんなこんなで、無事に上に到着。速攻で展望台に向かい、ようやく香港のビル群を一望できました。

香港を一望

ガスもほとんど発生してなくて、本当によかった。もちろん人の数は相変わらずですが……。

人の数がすごい

タイミングよく夕日も見ることができました。

夕日

周りは意外にも大自然って感じです。遠くには海も見え、何気に絶景です。

大自然
展望台からの景色

日も沈み、徐々に夜景が近づいてきました。この時点ですでに最前列をキープ。

夜景が近づいてくる

そしてついに100万ドルの夜景が……。

100万ドルの夜景

どっひゃー!!ヤバい、めっちゃ綺麗すぎる!もう人生で1番感動した夜景確定です。ちなみに上記の写真は20時から開始されるシンフォニーオブライツ中に撮った1枚。夕方からこの時間までずっと待機してました(笑)。足プルプルです。

さすがに音楽は聞こえてきませんでしたが、ビル群から出るレーザービームとかはしっかりと見ることができました。

シンフォニーオブライツも無事終わり、展望台をブラブラ。みんな楽しそうです。

夜景を楽しむ観光客
夜景を見る観光客

というわけで、ひととおり夜景を堪能して、帰りもトラムで下まで降りてそこからバスでセントラルまで帰還。

ついでにウォーターフロントにある観覧車の夜景スポットも見てきました。ここからの夜景もビックリするほど綺麗です。

ウォーターフロントにある観覧車の夜景スポット

もう香港いろいろ凄すぎる。。。

夜景
民光街

そして最後はフェリーで九龍へ戻ります。もちろんフェリーからもセントラルのビル群が輝いています。

フェリーから見るセントラル

香港の100万ドルの夜景はいろんな場所から見ることができるので、滞在中はいろいろと楽しみが広がりますね。自分だけのお気に入りの夜景スポットを見つけたりするのもおもしろそうです。

香港の夜景

九龍側に到着してフェリーターミナル近くにある時計台まで来ました。

時計台

ビクトリアピークからの夜景も綺麗ですが、九龍側から見る夜景も最高ですね。

ちなみにフェリー乗り場近くにあるこの辺り(プロムナード)から見るシンフォニーオブライツは最高です。

シンフォニーオブライツを見るオススメスポット

ショーを見るならここからがオススメですね。音楽もしっかりと聞こえますしビル群までの距離も近いので迫力があります。

様々な角度から夜景を楽しむことができるので、香港の夜は飽きないですね。夜景も人も賑わっていて、すごく活気があり楽しい都市だなぁと感じました。

そんなわけで、この日は全部で以下の場所から香港の夜景を楽しみました。

  • ビクトリアピーク
  • フェリー
  • 中環(セントラル)の観覧車付近
  • プロムナード(フェリーターミナル寄り)

どこからが1番綺麗だったか?!

いろいろ意見が分かれるところですが、僕が今回の滞在で1番綺麗だと感じた夜景スポットは、ずばり断トツで「ビクトリアピーク」です!

眼下に広がるダイナミックなビル群は本当に一生の思い出になりました。

これから香港に遊びに行かれるという方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. タリーズのグレープフルーツセパレートティー

    旅行・お出かけ

    タリーズのグレープフルーツセパレートティーを飲んでみた

    タリーズから販売されている夏にピッタリのドリンク「グレープフルーツセパ…

  2. ホワイト チョコラティ クランブル ココ

    旅行・お出かけ

    スタバの新商品「ホワイト チョコラティ クランブル ココ」のレビュー

    スターバックスから新しく発売されたホワイト チョコラティ クランブル …

  3. THEアクセス成田

    旅行・お出かけ

    成田空港からTHEアクセス成田に乗ってみた!混雑してなくて快適です

    成田空港第二ターミナルからTHEアクセス成田に乗って東京駅まで行ってみ…

  4. 旅行・お出かけ

    【LCC】ジェットスターで東京 成田 – 沖縄 那覇の往復航空券を購入した

    今年もあと約1ヶ月といったところですね。そんなわけで正月休みが取れたの…

  5. 旅行・お出かけ

    羽田空港第一ターミナルにあるお洒落なカフェ「MAM CAFE(マムカフェ)」

    毎回羽田空港に行くとあっちこっち歩いたりするので、どこかでゆっくりコー…

  6. 旅行・お出かけ

    成田空港の第一から第二への移動にはターミナル間連絡バスを利用する

    成田空港の第一ターミナルから第二ターミナルへの移動手段が分からなかった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Kindle Paperwhite(第10世代)
  2. USB-3TCH10BK
  3. W-QA05BK
  4. enerpad AC-80K
  5. 厚みを測れる定規

アーカイブ

  1. dマガジン

    スマホ・タブレット

    dマガジンは月額400円で雑誌が読み放題!ビューンよりもいいかも
  2. Pocket photo(ポケットフォト)

    ガジェット

    LGからPocket photo(ポケットフォト)の最新モデルがリリースされた
  3. POLER(ポーラー)のWILDWOOD PACK リュック

    ファッション

    カメラバッグや普段使いにいい!POLER(ポーラー)のWILDWOOD PACK…
  4. OWL-BTEP03

    オーディオ機器

    充電ケースに2100mAhのバッテリーを搭載したオウルテックの完全ワイヤレスイヤ…
  5. ドリップケトル 温度調整&タイマー機能付(8717100)

    生活家電

    温度調整とタイマー機能が付いたOXOのドリップケトル(8717100)
PAGE TOP