FUJIFILM X100F

カメラ機材

進化したアドバンスト・ハイブリッドビューファインダーやACROSモードを搭載した富士フイルムのプレミアムなコンデジ「FUJIFILM X100F」

富士フイルムから2430万画素のAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS Ⅲ」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載したプレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100F」が発表されました。高画質で機動力に優れた最高のスナップ撮影をしたい人は必見です。

OVF内の小型EVFに表示した映像の倍率を切り替えできる機能を追加

前モデル「X100T」では、OVF内の小型EVFでピントエリアの映像を表示する「エレクトロニックレンジファインダー(ERF)」機能を追加した「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」を搭載しましたが、今回の「X100F」では、このアドバンスト・ハイブリッドビューファインダーがさらに進化しました。

具体的にどう変わったかというと、このERF機能を使うときに小型EVFの倍率(2.5倍、6倍)を切り替えてピントエリアを確認できます。

これにより、いままで以上に高精度のピント合わせが可能になり、OVFでのピント合わせが難しい風景撮影やマクロ撮影でも快適なマニュアルフォーカス撮影ができます。

高速なレスポンスとAF、そして直感的な操作性を実現

X100Fでは、起動時間約0.5秒、シャッタータイムラグ0.01秒、最短撮影間隔0.2秒、最短0.08秒の高速AFといった高速レスポンスを実現しました。

さらに従来モデルと比較して像面位相差AFのエリアを約230%に拡大、49点だった測距点は91点(最大325点)に進化しているのも特徴です。より高速に、そしてより高精度なフォーカスを体感できます。

AFアルゴリズムの改善で、曇天時など低コントラストのシーンでも確実にピント合わせができる点も見逃せません。

また「ビルトインISOダイヤル」ではシャッタースピードダイヤル内にISOダイヤルを内蔵し、往年のフィルムカメラの操作性を再現しているのもポイントです。フィルムライクな操作性を楽しみたい人には、うれしい仕様といえるのではないでしょうか?

その他にも、露出補正を±5段まで調整できる「Cポジション」やビューファインダーを覗きながらフォーカスポイントを操作できる「フォーカスレバー」も追加されました。

撮影に関わる操作をほぼ「右手側」に集約しているところが、個人的にすごく気に入りました。

ACROSモードやグレイン・エフェクト機能を楽しめる

これを待望していた人は多いと思いますが、今回新たにX100Fのフィルムシミュレーションに「ACROS」モードが追加されました。従来のモノクロモードを凌駕する滑らかな階調や引き締まった黒など、最高のモノクロ写真の表現を求めている人にはピッタリですね。

また、フィルム写真独特の粒状感を再現する「グレイン・エフェクト」機能搭載により、手軽にフィルム写真のような効果(主にプリント時に)を再現できます。

ちなみに、グレイン・エフェクトは「強」と「弱」の2段階での設定が可能なほか、すべてのフィルムシミュレーションと併用できます。

レンズはフジノン23mm(35mm判換算で35mm相当)F2

X100Fには専用設計のフジノン23mm F2レンズを採用しています。焦点距離は35mm判換算で35mm相当です。

風景からポートレートまでオールマイティーにこなせる焦点距離ですが、「デジタルテレコンバーター」という機能を使えば、50mm、70mm(35mm判換算)相当の焦点距離も楽しめます。

なので35mm、50mm、70mmの3つの焦点距離を活用したフレーミングが可能です。

さらに、2本の新コンバージョンレンズを使えばF値を変えることなく別の焦点距離による撮影を楽しめます。2本の新コンバージョンレンズは下記のとおり。

28mm相当(35mm判換算)のワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100 Ⅱ」

広大な風景撮影や狭い室内撮影などに役立つ、焦点距離28mm相当(35mm判換算)の画角に広げる専用のワイドコンバージョンレンズ。

50mm相当(35mm判換算)のテレコンバージョンレンズ「TCL-X100 Ⅱ」

ポートレートや近接14cmのクローズアップ撮影など多彩なシーンで活躍する、焦点距離50mm相当(35判換算)の画角に伸ばす専用のテレコンバージョンレンズ。

元々の焦点距離35mm(35mm判換算)に加え、デジタルテレコンバーター機能やコンバージョンレンズを活用すれば、写真の表現の幅がグッと広がりますね。

その他にも、NDフィルターをレンズに内蔵したり、1/32000秒という超高速露光による電子シャッターを搭載したり、同じコマに異なる画像を2回露光する多重露光ができたりと、さまざまな魅力的な機能を搭載しています。

「FUJIFILM X100F」を手に持ち、機動力の高いスナップ撮影や高画質なモノクロ写真撮影を楽しんでみてはいかがですか?

FUJIFILM X100Fのサイズは126.5 × 74.8 × 52.4mm(幅 × 高さ × 奥行)、重さ(付属バッテリー、メモリーカード含む)は約469g。

関連記事

  1. SPIDER LIGHT HAND STRAP

    カメラ機材

    ミラーレス用のホールド感抜群のハンドストラップ「SPIDER LIGHT HAND STRAP」

    以前、デジタル一眼レフ対応のハンドストラップ「SpiderPro Ha…

  2. ハクバ ルフトデザイン エルゴハンドストラップ
  3. Ultrek UT63-Q

    カメラ機材

    超コンパクトなのにアイレベルを確保できるベルボンの三脚「Ultrek UT63-Q」

    いまのところ自分の用途としてかなり理想的な三脚を発見したのでメモがてら…

  4. フォクトレンダー HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical

    カメラ機材

    圧倒的な広さを誇るコシナのソニーEマウント専用レンズ「フォクトレンダー HELIAR-HYPER W…

    今年の2月に正式発表された(発売は5月)コシナのソニーEマウント専用レ…

  5. EF24mm F2.8 IS USM

    カメラ機材

    EF24mm F2.8 IS USMをスナップや夜間撮影に使いたい

    EF24mm F2.8 IS USMというキヤノンの広角単焦点レンズを…

  6. キヤノンの高級フォトブックサービス「PhotoJewel(フォトジュエル)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. OWL-STD01
  2. ポメラ DM30
  3. JBL GO 2
  4. FUSE CHICKEN TITAN 1M(FUS-OT-000002)
  5. ハクバ ルフトデザイン スリムフィット カメラジャケット S-90

アーカイブ

  1. mophie power boost XL

    ガジェット

    シンプルでスタイリッシュな大容量モバイルバッテリー「mophie power b…
  2. モヘイム SWING BIN

    家具・インテリア

    シンプルさと機能性を追求したハイセンスなモヘイムのゴミ箱「SWING BIN(ス…
  3. KITTE屋上庭園からの東京駅

    旅行・お出かけ

    KITTEの屋上庭園から眺める東京駅をiPhoneでタイムラプラス撮影してきた
  4. ロジテックのLightningカードリーダー「LMR-MB08SV」

    ガジェット

    iPhone/iPadでSDカードの読込や保存ができるロジテックのLightni…
  5. テペ(TePe)の歯ブラシ

    日用品・雑貨

    テペ(TePe)の歯ブラシがいい感じ
PAGE TOP